しばらくして息を吹き返し、こわごわ辺りを見ると、家だと思ったのは荒野の墓地
の三昧堂という念仏堂で、黒くすすけて薄気味の悪い仏像が一体、正太郎を見下ろ
しているばかりです。

こんな所に一刻もいられません。

遠くに吠える犬の声に力を得て、飛ぶようにして家に帰ると彦六に、怖ろしかった
事の次第を話したのです。

しかし彦六は「なんの、そりゃあきっと狐かなにかに化かされたんでしょう。心の
弱っている時には人は惑わすものに引っかかりやすいものですよ。そうだ、戸田と
いう所にえらい陰陽師がいるって話です。そこへ行って魔よけのお札でも貰ってき
たらどうです」

翌朝早々に陰陽師のもとに行き、事情を話すと陰陽師は、占をたてていいました。

「わざわいはすでに迫っていて容易なことではない、さきに女の命をうばい、なお
恨みはつきない、そなたの命は今日か明日かというところだ。今日から四十二日の間、
戸を固く閉めて物忌みをせねばなるまい。わたしの戒めをしっかり守れば九死に一生
を得られるやも知れぬ。いささかでも油断があったなら、そなたの命は奪われるであ
ろう。危ういかな、危ういかな」

正太郎は朱で書いた何枚もの護符を頂き、急いで家に戻るとそれを門口から雨戸、
窓、明かり取りなどに貼り、自分には厳重な謹慎を課したのです。

その夜、午前二時頃、外から何とも言えない怖ろしい声が聞こえてきました。

「ええい、憎たらしや、ここにこんな守り札が貼ってある。あれ、あそこにもある」

しばらくあちこちから、呟くような声が聞こえましたが、やがて声は聞こえなくなり、
夜が明けました。

あたりが明るくなったので正太郎は、急いで彦六の家との境の壁を叩き、彼を起こす
と昨夜の一件を話しました。

「ふーん、やっぱり占い師の言ったとおりか、不思議なこともあるもんだ、よし、こ
うなったらわしも今夜は寝ずの番だ」

翌晩は松に吹き付ける風も凄まじく、そこらの物を吹き飛ばすばかりに荒れに荒れ、
雨も降り出して、前夜とは様子がまるで違います。

「おーい、変わったことはないか」と彦六は声をかけます。「うん、大丈夫だ。変わ
りはないですよ」

二人が声を掛け合っているうちに午前二時頃、さっと赤い光が障子に走って、
「ええい、憎たらしい、ここにも尊い護符が貼ってある」その声の不気味なこと、そ
の響の凄まじいこと、身の毛が総立ちになるようで、正太郎はしばらくの間、気を失
ってしまいました。

夜が明けると、彦六に恐ろしさを語り、一日も早く物忌みが終わって欲しいと話した
のです。

以後、怨霊は夜ごとに家の周りを激しく疾り回り、ある晩は屋根の上で吠えるように
叫び、その怒りの声は家が震動するほどに凄まじく、日を経るごとに大きくなってゆ
きました。

しかし、こうして四十二日目がやってきました。今日で終わりだ、と、正太郎はいつ
もより厳しく油断のなく身構えておりました。が、どうしたことか怨霊は現れず、や
がて東の空がしらじらと明るくなってきました。

「朝だ。終わった、助かった」体からがっくり力が抜け、長い悪夢から解き放された
正太郎は、「おーい、彦六さん、」と壁越しに声をかけました。

「おお、正太郎さん、どうなさった」
「とうとう夜が明けましたよ。ありがとう、みんなあんたのお陰だ。これでやっと厳
しい物忌みから解き放された。つらかった事、おそろしかった事、語り合いましょう。
いまそちらに行きますから」

「もう心配はいりません、さあ、こっちへいらっしゃい」と、彦六が立ち上がって戸
を半分開けかかると、途端に「ぎゃあ」という耳を貫くような悲鳴。

彦六は思わず尻餅をつきました。彦六は正太郎の身に何か凶事が起きたに違いないと
思い、斧を引っさげ表に飛び出しました。

なんたること、てっきり明けたと見えた夜はまだ暗く、中天にかかった月は薄ぼんや
りとしており、風は冷たく吹き抜けて行きました。

正太郎の姿はどこにも見えず、戸は開け放たれて、家の中に気配もありません。

『いかになりつるやと、あるいは異(あや)しみ、あるいは恐る恐る、ともし火をか
かげてここかしこを見廻(みめぐ)るに、明たる戸脇の壁に、腥々(なまなま)しき
血潅(ちそそ)ぎ流れて地につたう。されど屍(しかばね)も骨も見えず』(原文)


「あっ、あれは」と月明かりに透かして軒先を見ると、何やら引っかかっていまし
た。ともし火をかかげ、目を凝らすとそれは男の髪を一束にした髻(もとどり)で
あって他にはなにもありません。

夜が明けきってから、辺り一帯探したのですが、正太郎の形跡すら見つかりません
でした。

本当に怖ろしいカタストロフィー(悲劇的結末)です。

陰陽師の忠告がぴったり当たり、御釜祓いで告げられた凶兆が、とうとう本当のこと
になってしまったのです。

                      ☆
涙を流してかき口説く夫の姿に、磯良は「ああ、この人もやっとその気になって
くれたか」とひそかに自分の着物や小物を処分し、実家の母をも偽って幾ばくか
の金を調えて、正太郎に渡しました。

正太郎はこの金を受け取ると、こっそりと家を抜け出し、お袖を連れて出奔して
しまいました。

これを知った磯良はただ悔しく、悲しさのあまりに床についてしまいました。

驚きあわてた井沢家では正太郎を憎み、手厚く看病したのですが、磯良の病気は
重くなるばかり、一向に良くはなりません。

一方、こちら、播磨(はりま)の国(兵庫県)新井の里にお袖の従兄弟にあたる
彦六という男がいました。

磯良を騙して逃げてきた正太郎たちは、彦六を頼ってひとまずその家に立ち寄り
ました。

「都だといっても、みんながみな親切なわけじゃない、それよりここに落ち着い
たらいかがです。一杯のめしでも分け合って、仲良く暮らそうじゃありませんか」

彦六のたのもしい言葉に励まされ、丁度彦六の家と壁一枚を隔てた隣、あばら屋
が空いていたので、正太郎とお袖はここに住む決心をしました。

ここに落ち着いて間もなく、急にお袖が身体の不調を訴えました。初めは風邪か
と思われたのですが、いつまで経っても熱が引かず、どんどんひどくなって大変
な苦しみようです。

何か物の怪に憑かれたように狂い苦しむ有様に、正太郎も彦六もただおろおろす
るばかりです。

正太郎は、もしかして、これは世に言う生き霊の祟りででもあろうか?
故郷に捨ててきた磯良の魂がお袖に取り付いて苦しめているのであろうか?と胸
を痛めました。

相談された彦六は、「そんな馬鹿なことはない、これは流行病(はやりやまい)
に違いない、熱さえ下がればすぐに良くなりますよ」と心強くいいました。

しかし、正太郎たちの懸命な看病もむなしく、お袖は七日間苦しみ悶えた挙げ句、
遂に息を引き取ったのです。

正太郎は天を仰ぎ、地を叩き泣き悲しみ、一緒に死んでしまおう、と身悶えました。

彦六も悲しみながらも正太郎を慰め、ようやく亡骸を葬り、墓を建ててねんごろに
弔ったのです。

正太郎は、いまさら故郷にも戻れず、どうしてよいか分かりません。

昼はぐったりしてお袖をしのび、夕暮れになると、欠かさずお袖の墓を訪れ、その
前に泣き伏すのです。

いつしか秋が忍び寄り、草陰で鳴く虫の声も悲しさを誘うばかりです。

正太郎は、この世のはかなさを噛みしめているのは自分一人と思っていましたが、
同じような境遇の人がいたのです。

お袖の墓の隣に新しい墓が出来、若い女が一人、花を手向け、世にも悲しげな様子
で水を注いでおりました。

「お気の毒に、若いあなたがこんな人気のない野辺で、墓参りをなさっているとわ」
すると女は「わたくしがお墓参りをすると必ずあなたがお参りしておられます。
さぞや離れ難いお方とお別れになったのでしょう。お悲しみのほどお察しいたします」
といいました。

正太郎は、「先頃いとしい妻をなくし、ここに来て偲ぶことだけが心の慰めです」
と話しました。

女は「わたくしのご主人さまがここに葬られており、悲しみのあまり、病に倒れた
奥方の代参で香華こうげ)を手向けているのでございます」と語りました。

正太郎は身につまされて「ご主人はどのようなお方ですか」とたずねますと、女は
答えて「主人は、さる名家の方ですが、奥様があまりにもお美しいために人に妬まれ、
中傷にあって、領地を失い、この野の果てにわびしくお住まいになっておられました」
といいました。

聞いているうちに正太郎は心が惹かれ「奥方がお病みになるのはもっともです。
連れ合いをなくした悲しい者同士、お訪ねして語り合いたいものです。ご案内願えま
しょうか」といいますと、女は先に立ち、正太郎を導きます。

細い道を少し進むと、わびく傾いた竹の扉、七日月に照らされ、荒れはてた庭、苔む
した古井戸と、いかにもうらぶれた光景です。

庭をまわって奥に案内され、見れば低い屏風から古びた夜具の端がのぞいています。

病気の奥方はそこにいると思われたので、正太郎は声を掛けました。

「ご主人を亡くされ、ご病気とうかがいました。わたくしも先日いとしい連れ合いを
亡くしました。おたがいの心の悲しみを分かち合いたく、厚かましいとは存じましたが、
夜分にもかからず参上した次第です」

あるじの女、屏風を少し引き開けて、

『めずらしくもあひ見奉るものかな。つらき報ひの程しらせまいらせん』(原文)

と、非道い仕打ちを受けた報いを、思い知らせるというのです。

びっくりして見上げれば、故郷に棄ててきたはずの磯良です。顔の色ひどく青ざめ、
どろりとした凄まじい目で睨んでいます。

青く、やせ衰え、細く冷たい指を伸ばし、心臓を鷲づかみにするような恐ろしさ、
「わあっ」と叫んで正太郎は気を失ってしまいました。
「はて、何としたことか、娘の祝言を神はお許しにならないのであろうか?」
香央造酒(かさだみき)は困惑して腕をこまねいたのです。
香央は吉備津(きびつ)神社の神主です。この神社に祈願する人は、数々の
供え物とともにお湯を捧げ、事の吉凶を占う習慣があります。
『巫子(かんなぎ)祝詞(のっと)をはり、湯の沸上るにおよびて、吉祥
(よきさが)には釜の鳴音(なるこえ)牛の吼(ほゆ)るが如し。凶(あし)
きは釜に音なし。是(これ)を吉備津の御釜祓(みかまばらい)といふ。
さるに香央が家の事は、神の祈(うけ)させ給うはぬにや、只秋の虫の叢
(くさむら)にすだくばかりの声もなし』(原文)
「吉備津の釜」 上田秋成『雨月物語』より
鳥越九郎 古典物語 その10
九郎さん(とお呼びしております)は70代前半、在野の優れた
古典文学(日本)研究者でいらっしゃいます。

 私達が遠ざけてしまっている古典文学には、面白い読み物が
沢山ありますが、それらを丹念に現代語訳されてきました。

 暫らくの間、その豊饒な物語の世界へご案内いたしましょう。
鳥越九郎さん(本名 森谷幸男)

上田秋成(あきなり)享保19年(1734)に大阪で生まれ、
文化6年(1809)に没しました。
4歳の時に紙油商上田家に養子に出され、商人として育ったが、同時に俳諧や
国文学に興味を持ち、小説の執筆にまで手を伸ばします。

三十五歳の時『雨月物語』刊行は8年後、安永5年(1776)現実と非現実の境
界を舞台にしたこの小説群は全九話、、讃岐白峯で恨みを抱きなが亡くなった
崇徳院の怨霊と西行の対峙する有様を描いた冒頭の、『白峯』以下『菊花の契』
『浅茅が宿』『夢応の鯉魚』『仏法僧』『吉備津の釜』『蛇性の淫』『青頭巾』『貧富論』
は秋成の代表作で怪談小説の白眉とされています。

                                 
鳥越 九郎                  
そうです。このたび、娘磯良(いそら)の幸せな結婚を願う釜占いに、
釜は草むらですだく虫の音ほどの音も発しませんでした。

さすがに不安になった香央は妻に相談しましたが、妻は、「いまさら何を仰
るのです。お釜が鳴らなかったのは巫子の精進が足らなかったのです。
ひとたび結納を交わし、夫婦の約束をしたならば、たとえ相手がか敵であろ
うとも、変えてはならないと聞いております。まして先方は元武士のお家柄、
夫となるお方も男前でお優しいお人柄とか。娘も祝言の日を楽しみに、指折
り数えております。破談など、思いも及びません。」と、言葉をつくして夫 を説
き伏せました。

悪い卦は信じたくないのが人情の常、夫ももとよりこの縁談には不服はなかっ
たので、凶の占いを巫子のせいにして、娘を井沢正太郎(いざわしょうたろう)
のもとに嫁がせました。

吉備の国(岡山県吉備町)庭妹(にいせ)の里にある井沢家は、農家ですが非常
に裕福でした。

正太郎は井沢庄太夫(しようだゆう)の一人息子で、幼い頃から甘やかされて
育ったので、成人してからも家業を疎ましく思い、酒色に溺れる世間知らずな
甲斐性なしでした。

しかし香央も磯良も、そんなことは露ほども知りません。嫁いできた磯良は、朝
早くから夜遅くまで、甲斐甲斐しく働き、舅姑に心からつかえ、正太郎の身の回
りの世話にも気を配ったので、夫婦仲も良く、すべてがうまく行ったように見え
ました。

しかし、こうした幸せはいくらも続きませんでした。正太郎の放蕩癖(ほうとう
へき)は、最初のうちこそ物珍しさに鳴りを潜めていましたが、所詮(しょせん)
どうにもならないものでした。

何時の間にか鞆(とも)の港町のお袖という遊女とねんごろになり、近くの里に
別宅を構え、そこに住まわせると、何日も入り浸って家に帰らなくなりました。

磯良の嘆きはいうまでもなく、父庄太夫は息子を呼びつけて厳しく叱り、座敷牢
に閉じこめてしまいました。

磯良はこれを悲しく思い、これまで以上に夫に仕えるばかりか、両親にかくれ、
夫にも内緒でお袖に物を送ったりしていました。

ある日、両親が出かけた時、正太郎は磯良を呼んで殊勝げにいいました。

「私は何という愚か者だろう。こんなに心を込めて仕えてくれるお前に酷い仕打
ちをした。やっと目が覚めた。あの女とはきっぱり縁を切ろう。しかし今ここで
あの女を一人にしたら、また人に騙されて遊び女になるやもしれず、思えば可哀
想だ。京の都にでも行けば親身になってくれる人もいるだろう。そういう所に奉
公させようと思う。しかし、差し当たって路銀も着物も与えてやれない。なんと
か用立てて貰えないだろうか」
文字の大きさを【中or小】でご覧くださいませ。
トップ 俳句 銀化 連句 ホーム
句集 写俳1
takayaさん 撮影