トップ 俳句 銀化 友達 ホーム 句集 写俳1
文字サイズを【中・小】でご覧下さい。
第58回
 芭蕉祭献詠大会・連句の部に、今回始めて参加いたしまして、
 思いもかけず入選する事が叶いました。ご披露申し上げます。 
田一枚植ゑて立去る柳かな 芭蕉翁
  遊行のひとをつつむ万緑 竹村 喜多造
流れくるチェロの音色に誘はれて 加藤   由由
  しばし佇むキッチンの中 高島すかんぽ
時折は雲間に舫ふ月の舟 後藤   桐子
  便りに添へて送るもみじ葉        由
秋澄みて天気予報の歯切れよく        ぽ
  ひと恋ふ婆の声も艶やか        子
久々の逢瀬に酔ひの醒めやらず        由
  心躍らせ大リーグ観る        
串カツの串抜きながら拉致議論        子
  伊賀上野には忍法のあり        造
寒月と連れだち急ぐ帰り道        ぽ
  雑事振りきり夜神楽を見に        子
繰り言も猫を相手の独り者        
  ふらここに揺れ明日を案ずる        ぽ
魅せられて遠く北へと花の旅        子
  森を潤ほすあたたかき雨        由
半歌仙『田一枚の巻』 竹村喜多造・捌 平成16年6月満尾
(伸さんご指導・連句塾にて勉強中)
国民文化祭 連句大会 入選
第19回国民文化祭・ふくおか2004文芸祭に参加、入選いたしました。
松手入すみたる宿に泊りけり 筌民   伸
  墨絵さながら窓越しの月 加藤  由由
爽やかにジャズの流れる街ゆきて 岡本  遊凪
  ファッション雑誌丹念に読む 後藤  桐子
泳ぎ終へ濡れし黒髪振りほぐし        由
  きっぱり晴れて気象記念日        伸
母からの便り嘘字も二つ三つ        子
  夕餉支度のまな板の音        凪
惚れ薬ワイングラスにそっと混ぜ        伸
  ラストダンスに募る恋情        由
高浪のあとの逆波暮れなづむ        子
  小泉かつか管がんばるか        伸
寒の月大折伏の陰陽師        凪
  覚めやらぬ目で冬の蚊を追う        由
鎌倉の坂くねくねと蔦折        子
  練り羊羹で薄茶いっぷく        凪
鈍行で花をたづねる喜寿の旅        子
  道草の子にゆれる陽炎        由
半歌仙 「松手入れ」の巻 筌民 伸 捌  平成十五年十一月十二日満尾
友人の花壇にて
takayaさん撮影