ホーム寸描

とんぼさん

昨年3回目歩き遍路結願

文字の大きさを【中or小】でご覧くださいませ。

トップ   俳句 連句  友達  句集   写俳
           

                           とんぼさんのこと
とんぼさん 78歳 男性

横浜市在住
居住権分譲型老人ホームでご生活
メロウ倶楽部会員
倶楽部のメンバーとシニアーバンド演奏を楽しむ。
その模様はNHKで放映されました。

ホーム寸描

     
   

1階のケア室が手狭になって拡張工事があった。
入居者が想定外の長生きをするようになったからだろう。

新装なったケア関係室の見学案内があったので見てきた。

団欒室では顔見知りの人が数名いた。いつも見かけていた人がいないと思ったら
ここに来ていたのだ。

みんなこうして舞台から去っていくのか。

だれも虚ろな目でテレビを眺めている。エレベーターを登り降りしていたSさんもいた。
どなたもボケは進んでいるようだ。

ホームの入居者368名(304戸)で男性103名、女性265名のうち、ケア室で
介護を受けている人が15名、自分の部屋で介護を受けている人が38名、
見守り介護の人25名。

その上に認知症が進んでトレクオーレ(特定施設入居者生活介護)に転居した人が
40名いると聞いた。

天気が良かったので散歩がてらにトレクオーレへ行ってきた。

ホームでよく見かける人がいた。周さんの娘さんだ。車椅子に老人を乗せ押していたので父親か。

自室介護→ケア室介護→トレクオーレ、とコースは決まっている。

コトンといけば最高だが戦争、地震、難病、交通事故…、以外では恵まれた死に方だ。

そのトレクオーレが満室とか。困ったことだ。
   

   
 

11階のフロアー仲間にSさんがいる。

ホームが新築された22年前から入居している古株だ。

みなさん初めて顔合わせの時は振り袖や白い長手袋で登場した人もいたそうな。

その長手袋がS婆さんで、どなたかのコップの水が飛んで衣装を濡らし、
クリーニング代を何千円か請求したとかの噂が今にも伝わっている。

どこかの会社社長の秘書をされていたとか、ホームでも礼儀・作法をあれこれ言う
お局様だったらしい。いつしか誰も親しく話を交わす人なくなった。
わたしも入居以来、Sさんが人と話をする姿を見ることはなかった。

ある日、エレベーターの中で「Sさん、失礼ですがおいくつでしょうか」と訊いてみた。
返ってきたお言葉は「忘れました!」だった。

そのS婆さんの姿が見えないと思っていたら先日、ケアのお姉さんが押す歩行器に
後ろ向きに座わってご機嫌で会話してる姿を見て驚いた。

今朝ご一緒になったので「Sさん、何階ですか」と訊いた。
「マグロが食べられるようになりましたね」とチンプンカンなご挨拶だった。
こちらは降りる階のボタンを押そうと訊ねているのに!

恐らく90歳をいくつも越えているだろう。
戦後の多難な時期を女一人で生き抜いてやっと辿り着いた終の棲家だ。

身についたヨロイはなかなか脱げないモノか。

   
   
夕食時、T婆さんがわたしの座っている大テーブルの方へやってきた。

何の用かなとテーブル仲間が訝しがって注目していたらK爺さんに
向かって小声で囁いた。

「主人のきれいなパンツが出てきたんですが要りませんか?」

言葉の調子では新しいモノではなさそうだった。

K爺さんが何と言うかと一同固唾を飲んだ。

「わしゃぁフンドシだ。パンツは履かん!」

この爺さん、パリはシャンゼリゼ通りのホテルのベランダにフンドシを
干したお人だ。

K爺の横にはちょっと気位いの高い奥方が座っていたので少なからず
緊張していたがスマートに断ったので一同ホッとした。

テーブル仲間はいつしかT婆さんを‘パンツの君’で呼ぶようになった。

いい称号を奉ったものだ。

   
   

夕食時、バタンと大きな音がした。
何事かと音のした方を見たらダレかが椅子から転倒したようだ。

みなどうしてよいか分からず眺めているだけだったが見学者か風采のいい男が
駆け寄って抱き起こし、近くの人に何かを指示した。

ほどなくケアの人がAEDやストレッチャーを運んできた。

こういうとき、老人たちは何をしていいやら判らずうろうろするばかりだ。

騒ぎは数分で収まりいつもの食事風景に戻った。

今朝、テーブルの仲間の話では倒れた人は9階のSさんで朝早くに亡くなったとか。

「こう言っちゃあなんだがいい死に方だね〜。俺もあんな風に逝きたいなぁ!」
とはOさんの弁。

「88歳まで生きればオンの字よ」 このあたりが一致した見方だ。

午後はクリスマス パーティーで、赤いサンタ姿で挨拶に立った支配人が
‘大変なコトがあったばかりですが…’と言葉を濁して職員一同の踊りで
雰囲気を明るくした。

家で“死”があったら大ゴトになるが老人ホームでは茶飯事とは言わぬまでも
小事である。慟哭、悲嘆、号泣のないのがいい。
 

       
   
朝食時、K爺が何を思ったのか、

「こんな年寄に無駄飯食わせてもしょうがない! 
自転車こぎさせて発電し競争させたらええ。
ここで使う電気代が節約できるだろう」 

4階のフロアーエクササイズルーム
(どういうわけかここではカタカナ名が多い)で
自転車こぎをしているのから思いついたんだろう。

先日麻生大臣が言った「さっさと死ねるようにして
もらわないと…」を意識して言ったに違いない。

だれかがすかさず「東西対抗戦(東館と西館)でやれば
盛り上がる!」と言った。

「そんな元気のあるヤツがいるかいな〜?」のOさんの
言で緊急動議は廃案になった。

カラオケと病院通いが仕事のK爺に‘無駄飯食い’なんては
おこがましいが96翁だから言える言葉だ。

食事時の小半時、南6の8人用テーブルの賑やかな声は食堂中にひびく。
みんな耳が遠いからどうしようもない。

「おれも体が言うことを聞かなくなった。死ぬ前にマルタ島に行って
みようと…でパスポートを取りに行く…写真はどこで撮れるか?」ときた。

「無駄とは言わんがよくやるね〜!」とは陰の声だ。