takayaさん 撮影
文字の大きさを【中or小】でご覧くださいませ。

          

トップ 俳句 銀化 連句 友達 句集 写俳

夏子さんのこと
広島県在住の60代女性。

お連れ合いさんのご介護で永い間頑張って
こられました。

ご夫君は今夏逝去なさいました。

 介護右往左往・終焉 最終回

夏子さんのご夫君は、ご逝去なさいました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

   

 


8月12日(金) 朝のうちに夫のハミガキ・ヒゲソリを済ませ、電話で
在宅の主治医に、各数値の下がったこと、特に血圧の上が50台、尿が200cc
しか出ていないことをお知らせする。

また、郷里のきょうだいに、もはや先が長くないことを連絡し、帰宅。

洗濯・食事等のあと、娘に連絡、一家で病院に来るように言う。娘の連れ合
いは朝のうちに通院があるので、午後になるとのこと。

病院に行ったら、自動のバイタルチェックの機械が夫の枕もとに設置されて
いた。酸素も指の先では計れなくなっていた。入院中の担当医がお休みで、
代りに若い研修医の先生が、何度も何度も来て下さった。

今晩にも危ないが、それでも1週間持つかもしれないし予断はできない、と
言われる。

夫の息が荒くなったことを言うと、酸素吸入を開始された。点滴は1000から
500ccに減らされた。

午後から来た娘一家の一人一人の顔を見せ、声をかけさせる。これが最後に
なるかも・・・と思いながら。小学1年生の妹のほうは、祖父の元気な顔も
かわいがってくれたことも記憶がないだろう。

孫たちの思い出に残るようになるまでは元気で生きようね、と夫と話して
いたことが思い出される。

夜8時頃、尿はまったく出てないようだ。導尿の管の中に尿がまるっきり
溜まってない。

夫は目を開けていることが多いが、こちらのことは分かっているのかいない
のか分からない。楽しい幻でも見ていればいいと思うが、表情は変わず。

8月13日(土) 朝6時前、体温36.9℃、血圧上53、下20台。

目は夜中もずっと開けていることが多かったが、もはや何かをみているか
どうかは分からない。枕もとに座って顔を見ていると、私の顔を見ている
ようにも思えたりする。

看護師さんの、今日昼にも危ない、との言葉に、すべて方面に連絡する。

その後、続々と来客。お世話になったヘルパーさん達や、訪看さん、弔辞を
お願いした元同僚の先生、郷里から駆けつけたきょうだい達。

近所の方に、葬儀の際の受付をお願いしに行く。快く引き受けて下さる。

                                           

                                              takayaさん撮影                                                                                  

8月14日(日) 昨夜より、娘と2人で付き添う。

夜中に足がつって、片足がすんだと思うと、反対側の足がつり、で、眠れな
いから、娘と交代する。

枕もとの椅子に掛けてからも、妙に足がつって眠れないので、とうとう一睡も
出来なかった。眠れぬまま、夫の呼吸に自分の呼吸を合わせていると、明け方
呼吸の間隔が次第に長くなってきていると感じた。

朝、個室が空いたとのことで、急遽、病室移動となった。大部屋で息が切れる
のは、同室にまだ意識のある患者さんがおられるので、それは避けたい、と
いうのが病院側の意向だった。

数日前に、個室への移動を尋ねられた時、仲良くなった付き添いの奥さんが
間もなくご自分の入院を控えておられたので、わずかの間だから一緒にいた
いとお断りしたのが、またも私の大きな判断ミスとなった。その後、個室は
空きがなくなり移れなくなっていた。

そのせいもあって、移動を担当した看護師さんは焦っていたのではないかと
思う。移動は実に慌ただしく行われた。

酸素吸入の管を引き抜き、血圧等の計測中の別の看護師さんも目に入らなか
ったようで、機械のコンセントも抜いてしまったほどだ。

病室の移動は、ベッドはもちろん、他の戸棚等も、そのまま丸ごと移動する。

私も荷物を抱えて慌ててついていく。ベッドの入れられた個室に入ろうとす
ると、その看護師さんに、出ていて下さい、と阻止された。

一応、すべての移し替えが済んで、どうぞ、と言われ、看護師さんはいなく
なった。

夫の顔色が白い。見ると、のどの動きが全くない!!!息をしていない!!

慌ててナースコールを押し、すぐに来て下さいと叫ぶように言う。看護師さ
んが来られ、やがて研修医の先生も来られた。そして、一礼され「8:40分
にお亡くなりになりました」とおっしゃった。

私は「先生、もう少し前に亡くなっていると思います」先生「医師が確認した
時間が死亡の時間となるんです」と少し困惑気味(^^;

今となっては、死の告知とどっちが先だったか記憶にないが、私は「お父さん
お父さん」と呼びかけながら、大泣きした。こらえようとしても、涙も声も
後から後から出てきた。

もうだめだ、取り返しがつかない事態が起きてしまったのだ。

   

   めったに足がつることなどないのに、昨夜から今朝にかけて、あんなにも
足がつって眠れなかったのは、夫の意思だったのではないか、最後まで
自分を見守っていて欲しい、という、夫の願いが込められていたのでは
なかったのか、と思われ、知らぬ間に亡くなっていたことがあまりにも
悲しかった。

あのベテランらしき看護師さんは、夫を個室に移動するという目先の作業に
集中するあまり、夫が瀕死の病人である、という事実に頭が行かなかったに
違いない。

それが何よりの証拠には、酸素吸入でやっと命をつないでいる病人の酸素を
無造作に引き抜き、携帯用の酸素吸入器すら使用しなかった。そして、個室
に移動された後も、酸素吸入をすることもなかったのだ。

夫は、大部屋で酸素吸入の管が抜かれた時点で、息を引き取っていたのでは
ないかと私には思える。

せめて、最期の時には、手を握っていて、心の中ででもお別れとお礼の言葉を
言いたかった・・・たとえ、死んだ時間の差がごく僅か(おそらくは、長く
ても数時間、短ければ十数分)であったとしても、あまりにも無念な死であった。

病院にいながら、家族が寝ずに付いていながら、誰ひとり、最期を看取るこ
とが出来なかったことは、悔やんでも悔やみきれない。

長い辛い、自分と言うものが無くなってしまったような闘病生活の果てが
これなのか・・・私は夫が哀れで哀れでどうしようもなかった。

唯一つの慰めとなったのは、間近に付いていた看護師さん達でさえ、その死
に気づかなかったほど、夫が静かに息を引き取ったことだ。おそらく安らか
な最期ではあったろう。

その後は、怒涛のごとくすべてが進んでいった。最後までタイミングが合わ
なかったのは、お盆の最中でもあり、友引が前日であったことで、お通夜が
1日ずれた。そのせいで、葬儀の日には、それまできれいだった夫の顔が
変色して人様には見せたくない顔になったこと。いくらお化粧し直してもら
っても隠せなかったことも残念だった。

お父さん、厳しい最晩年だったけれど、どうかあの世では楽しく幸せにお父
さんらしく過ごして下さいね、ご先祖様、どうか夫を優しく迎えてあげて
下さい、と、私は毎日仏壇に手を合わせて祈っている。

長文をお読みくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

                                      夏子