トップ   連句 友達   ホーム 句集  写俳  リンク 

文字のサイズを【中or小】でご覧ください。


朝日新聞全国版掲載

老いぬれば岸辺離れず残り鴨

「俳句03・6月号」掲載

万愚節いつ老人になつたやら




北 登猛さん


北さんは結社「響焔」同人・
国際俳句交流協会会員・
現代俳句協会会員

句集「雲の峰」から私の大好きな句をいくつかご紹介いたします。


「雲の峰」   北 登猛


  風薫るとは肝臓によささうな
  木の橋は木の音を出し菖蒲園
  母と子と孫とごきぶりみな走る
  かはるがはる人に覗かれ毒きのこ
  舌と舌触れ合ふ思ひ海鼠食ふ
  夏草のほてりへ放つ若い犬
  太らせてみたき人住む夏館
  何かありさうで苅田の畦をゆく
  遠目には寒灯なれど我が家の灯
  地獄耳それも衰へ雪の夜
   
              
           


      入・落選句

        今月の成績は芳しくありません。

入 選 句

    天道虫はねて生き抜く話など    桐子

  新樹光老人ホームの門照らす     桐子
    

  北浦の水母やさしくひとを刺す    桐子

落 選 句

    揺らぎつつ葉桜そよぐケアハウス  桐子

    福祉課の窓にて浴びる新樹光    桐子

                    

  
 
自句自解
安房守さん、お世話になりました。
選句御礼と自句自解を申し上げます。        

  
新樹光老人ホームの門照らす     桐子

○健太さん、唯お一人特選で選んでくださいました。
私は色々な面で調子を崩し、俳句の限界を感じています。
そんな状況の中、特選をいただきますと、綛かな希望を 失わずに
済みそうです。

此処は街はずれのケアハウス。
ゆったりした敷地にたくさんの樹木が繁茂して、ベランダから
その景観を眺めたり、庭に下りて木々の間を散策します。

5月の光は柔らかく優しくからだを抱き取ってくれます。  


     
北浦の水母やさしくひとを刺す    桐子   

今月も樽さんに助けていただきました。

思い入ればかり先行させて、状況描写の苦手な私を それとなく
理解してくださる樽さん、感謝です。

私は年少の頃から、この地に馴染むことが出来ませんでした。

東京の学校へ逃げるよう出立してからは、あまり近寄る ことも
なかったのですが、 北浦だけは恋しいく思い出し ました。

老年になって、北浦の近くに戻ってまいりましたから、
時々その岸部を一人で歩いています。


     
天道虫撥ねて生き抜く話など     桐子

樽さん、こちらでもありがとうございます!

家族を全て亡くし、今は孤独です。

ケアハウスの隣人達とは、つかず離れず交流しています。
特別関心のない老人に“言い寄られる”こともありますが、 心は動きません。

そろそろあちらへ移動してもかまわない・・・という心境 ですが、植込みで飛び跳ねている
天道虫を眺め、自分の弱気を 諌めています。 以上です。