財部先生人面彫刻  66

    
財部 洋先生(財部歯科院長)は、流木・倒木などを使って、
人間の苦悩・挫折・祈り・希望など、様々な表情の手彫り
人面を創作なさっておられます。


     

トップ 銀化 連句 友達 老病 句集 写俳

文字のサイズを【中or小】でご覧ください。





朝日新聞全国版掲載

老いぬれば岸辺離れず残り鴨

「俳句03・6月号」掲載

万愚節いつ老人になつたやら


今月の写俳



気になる俳人

北 登猛さん


北さんは結社「響焔」同人・
国際俳句交流協会会員・
現代俳句協会会員

句集「雲の峰」から私の大好きな句をいくつかご紹介いたします。


「雲の峰」   北 登猛



風薫るとは肝臓によささうな 
木の橋は木の音を出し菖蒲園
母と子と孫とごきぶりみな走る
かはるがはる人に覗かれ毒きのこ
舌と舌触れ合ふ思ひ海鼠食ふ
夏草のほてりへ放つ若い犬
太らせてみたき人住む夏館
何かありさうで苅田の畦をゆく
遠目には寒灯なれど我が家の灯
地獄耳それも衰へ雪の夜




  メロウ句会

    11年10月入落選句   

   入選  他郷にてこれから生きる冬支度
   入選  露寒と仏に言ひて寝てしまふ 
   入選  もしといふ想ひ広がる鰯雲
   入選  入金を確かめさてと新走 
   落選  捨かかし犬は放尿して去ぬる
     





takayaさん 撮影


11・10月メロウ句会 自句自解


すかんぽさん、お疲れ様でした。

悠々と作業をこなしていらっしゃると安堵しておりましたが、
「文字バケ」でご苦労なさいましたか。

さて、11月は私の当番、今からビビッています。(^^*)

Win7にはXP当時のKenzaemonさんプログラムを移動させたのですが、
グルーさんが最新版に置き換えてくださいました。

1年間、当番作業をやすんでいますから、最新版を使いこなせるか
心もとない感じです。



 選句御礼と自句自解申し上げます。

  
  他郷にてこれから生きる冬支度    桐子

サヨンさん,小歩さん,安房守さん,雨露さん、ご選句ありがとうございます。
サヨンさん、小歩さん、安房守さん、ご感想も嬉しく拝見いたしました。

当地は臨海工業地帯のベッドタウン。

その工業地帯のなかでもダントツ大手のS製鉄所には、全国から社員・
作業員など多数集まっています。

“福島出身”の息子を頼って、震災で夫を失った60代の女性が避難して
まいりました。

社員住宅同居半年を解消して、彼女は隠居所の近くのアパートに転居して、
独り暮らしを始めました。

彼女とは散歩仲間になり、冬支度の買い物など、お手伝いしています。

心理状態にも大きなブレが感じられ、比較的に元気なご様子と、慰めようも
ない暗い表情など散見いたします。

今日も晴天、散歩にお誘いするつもりです。


  
   もしといふ想ひ広がる鰯雲      桐子

○汎さん,安房守さん、ご選句ありがとうございます。

汎さんの特選、安房守さんのご感想、唯々感激です!

この年になった今でも、いやいやこの年だから尚更なのか、私の
人生は何だったのか・・・という想いに駆られます。

他者にたいして優しくはなかった・小狡い振る舞いも繰り返した・
あぁすればよかった、選択を誤ってしまったかもという回想が
尽きません。

それにもかかわらず、現在は穏やかな暮らしに恵まれて、こうして
鰯雲と向き合っています。

何者かに感謝です。


      
露寒と仏に言ひて寝てしま ふ     桐子

汎さん,○樽さん、ご選句感謝・感謝です!

メロウ俳壇屈指の詩人お2人にご選句いただけて、心底嬉しいです。

この句は半年余り逼塞状態で悩んでいた私が復帰をかけた自信作(笑)
であります。

この句を何方が選んでくださるかで、私からの一方的な評価がきまる
と、意気込んで投句いたしました。

アハハハハ。

3歳で息子を失って、元気ならば今は46歳の男盛り。

中年の男性で息子の面影が微かに感じられるひとに出会うと、私は
うろたえます。

毎晩、位牌にむかって、おやすみと声をかけて、1日を締めくくります。


      
入金を確かめさてと新走       桐子

樽さんに、再度ご選句頂きました。

句の可笑しさを解っていただけて、もう言う事はありません!

隠居所でも、気の合った数人で“美味鑑賞会”なる飲み食い会が
あります。

あと何年生きられるか知れないので、フトコロが心配ですが、美味い
ものには勝てません。

今日のお財布はどうかしら・・・。

あぁ、年金の振り込みがありました。
明日、ATMのお世話になればいいとしましょう。




takayaさん  撮影


11・10月メロウ句会選句感想

すかんぽさん、お世話になります。

ピンチヒッターとしてのお見事な差配ぶり、素敵です!

私の方は鈍ってしまった感性が戻らず、呂律の怪しい言葉しか
見つかりませんが、選句感想を申し上げます。

           
     地の神を拝む姿で大根蒔く     自在庵さん

種から作物を育てるって、子育てに似て、遥かなものに祈りながらの
作業ですね。

「地の神を拝む姿」とは作業そのままの姿、謙虚で本質を衝いた表現
と感じられます。


収穫までは気が抜けませんが、頑張ってください。

きっと美味しい大根に育ってくれますよ。


     
会いたくて時雨の中の人となり      小歩さん    
  
私はどうもロマンスに弱い性らしいです。

このお句のようなレトロ調のロマンスには殊の外弱く、殆ど無条件で
選句してしまいます。

選句してみて、作者は何方だろうと気が揉めます。

それにしても、甘いお句が、するすると詠めるなんて、癪です!


      
秋茜この指とまれ誕生日     汎さん     

このお句の勘所は「誕生日」でしょうね。

誕生日でしめてあるがゆえに、“秋茜この指とまれ”が生き生きと
感じられ、素晴らしい佳句となりました。

さて、作者は何歳になられたのでしょうか、おめでとうございます。


      
退院の叶はぬ窓や鯔跳べり      くららさん      

ボラ・・・、隠居所の昼食などでも、たまに頂くことがあります。
癖のないお魚で、魚苦手の私でも美味しいです。

この鯔は、よく飛び跳ねる魚だそうですね。

「退院の叶はぬ窓」からは海がみえるのでしょうか。

あるいは、鯔が飛ぶように、この窓から元気に飛び出して、家族の
待っている家に帰りたいと、強く望まれたのかもしれません。

「退院の叶はぬ窓」に3か月閉じ込められて、私も東京恋しさに
メソメソいたしましたもの。

ご退院なさいましたか。

くれぐれもご自愛くださいますように。


     
めざましのアロマランプの香は檸檬    よっこさん

今月は何故か穏やかな優しい句ばかり選句して、自分ながら驚いて
います。

アロマランプ、お洒落ですね!
檸檬の他にも、その夜の気分によって香りを選べるのでしょうか。

夢見心地に誘われたいときは、ヘリオトロープとかジャスミンとか。

久しぶりに、瓶の底に残っている薔薇の香りを、耳の後ろにつけて
みました。

でも・・・、だぁれも、振り向いてはくれません。


       
鰯雲夕べの空の海に似て    花眼さん

鰯雲を浮かべた夕べの空は、海に似ている・・・という発見は
素晴らしいですね。

のんびりと漂う鰯雲の夕べの空は、白い細波を浮かべて凪いでいる
海に、本当に似ています。

日本列島、穏やかな日和に恵まれて、大震災の後片づけが捗る事を
心から祈願いたします。


    
鹿(しし)垣と言ふも感電させんとて     汎さん

鹿や猪から作物を守るために「鹿(しし)垣」はつくられているので
しょうね。

以前は、竹や枝つきの木で粗く編んだ垣だったそうですが、今じゃ
電線を張り巡らせて、風情や情緒などという余裕はなくなりました。

切なく、寂しい風景となってしまいました。