銀化の部屋

財部 洋先生 手彫(羅漢) 43


 財部先生HP

財部 洋先生(財部歯科院長)は、流木・倒木などを使って、
人間の苦悩・挫折・祈り・希望など、様々な表情の手彫り
人面を創作なさっておられます。


 財部先生の作品展

第81回新構造展
場所:東京都美術館(上野の森)
会期;2009.6/12(金)?6/22(月)
     〜〜〜〜〜
個展「普段着の神々-U-」
場所;ギャラリー悠玄(銀座6-3-17)
会期;2010.9/9(木)?9/12(日)




トップ 俳句 連句 友達 寸描 句集 写俳


銀化の森に掲載

09年1月号・銀化の森(巻頭句)に掲載されました。
昨年に続き3度目で、大変嬉しく感激しています。

山眠るひとが一人になる真昼    桐子


4月号中原主宰の3句

しろうおに萬感喉を落ちゆけり

地獄より極楽は閑囀れる

春荒れや鳥の屍は脚揃へ

湾岸   川名 将義さん 句集から3句

花筏千千に乱るる時を得し

日は西に干潟は海に戻りけり

やはらかに全開脚の春の冨士

銀化4月号から3句

抽斗の中うつくしき落第子         櫂   未知子  

戦争を知らぬ浅蜊の量り売り       梅 田    津      

永眠か朝寝か微妙なる齢         飯 島  士 朗 



墨東句会特選&「撲玉を拾う」掲載
逝く旅にひと日花野を宿とせむ
欲望のふと立ち止まる秋思かな
万愚節いつ老人になったやら 
水中花傘寿の三島由紀夫笑ふ   
浅草にちよつと遊べよ鰯雲     
仏壇を開き良夜を共にせり     
裏切つておやりなさいな花の種   
ゴリラ見てあとは上野の心太    
何も見てをらぬまなざし孕鹿    
日向ぼこ私を好きな鳩のゐて   

元日の旗にほどよき風のあり    

銀化十周年記念号掲載

ゴリラ見てあとは上野の心太
逝く旅にひと日花野を宿とせむ     
水中花傘寿の三島由紀夫笑ふ    
仏壇を開き良夜を共にせり       
五六年たてばわたしは曼殊沙華
         


takayaさん撮影

09年4月号入選句

老松の瘤にまどろむ牡丹雪       桐子
      
菜飯茶屋つれは関西弁で呑む      桐子     

疲れたるこの惑星に蕗の薹          桐子        
 

へぼ医者が齢のせゐだと春の風邪   桐子

野火の舌追ひ立ててゐる胴間声     桐子