邪推など飛んでしまつた雪景色
青瓢箪などと言わせぬ弓始
年酒にも二合徳利を所望され
なけなしの髪整へて祝箸
寒天に遠筑波嶺の凜と立つ
餅花を貰ひ倖せさうな犬
意のままにならぬ六腑の小正月
ジャムの蓋固く七日が過ぎゆけり
横顔の愁ひは何ぞ去年今年
小正月青い山脈観るホーム
    句集かげろふ へ
    盆波や写真の父母と暮らす日々
遣り繰りの暮らしに美味し新豆腐
無職なる暮らし十年庭木刈る
枝豆や一本残る永久歯
歯を入れて取り戻す貌生身魂
蜩のあれは宴か葬列か
前世とは今ここのこと門火焚く
あの牛の後の行方や薄荷の花
短夜の夢のつづきのやうな朝
秋扇かくれ住ひのケアハウス
  ちから抜く暮らしありけり金魚玉
本心をかたり終へたり青簾
三行で日記は終わる桜桃忌
義歯外し友は別人アイスティー
放哉のはなし弾ませ心太
黒南風に覚悟よろしき羽抜鳥
子のもとへ去りゆく友に初蛍
豊郷の初夏に生まれて老いてゆく
嗅覚の失せし哀しみ白丁花
問診にいくつか嘘を桜桃忌

   
   
来年を約せず別れ避暑の宿
鶏の声に目覚る避暑の宿
青田みち孤独死などを考える
黙(もだ)深く父無き産着干して夏
蛍火やまたも決心揺らぎだす
扇風機つよく廻して一人住む
恋ふ心それは夜汽車の夏の旅
コンセント空は無くなり扇風機
夏掛けを蹴とばし病める友眠る
夏草や無縁仏となる覚悟 
   
   蝶を呼び大根の花艶めけり
花疲れ人間ドックを宿とする
石蕗や老ひて傾く道祖神
春日傘ほんたうの事ふと漏らす
魂が呼ばれて入る蜃気楼
生きてゐて逢ふこともなし翁草
道曲りまた道まがり春日傘
とりあへずいい人になる花御堂
夜桜やいまも海千山千よ
淀みにはまず親雀舞い降りる

   
      流し雛この世のことを背負わせて
薄氷の溶けゆくさまの静けさよ
春障子こころに高嶺ありし日よ
春の葬宇宙へ煙かへりゆく
山河晴れ芽吹く雑草踏むまいぞ
ただのひとしみじみよけれつくしんぼ
春爛漫などで腹立つことばかり
捨てられしひとかもホーム春炬
生涯のひと日は終る遠蛙
朧夜やふくしまの野に牛眠る
  深呼吸してゐる気配春の森
麦踏や無位無官なる父であり
囀の真中でまぶた閉じて立つ
道真忌認知テストを受けに行く
春風よゆすれ老ひたる欲望を
淡雪をただ抱きとめる水たまり
ガングリオン宥めつつ見る猫の恋
陽炎のなかに古にしインク壺
浅き春ほのほ無き火に手をかざす
雪解川しとねになさば安からむ