句集かげろふへ

文字の大きさを≪中・小≫でご覧ください






      惚けたる友とあやとりお元日
退職はいつか忘れし去年今年
初山河静かに仰ぐ執刀医
幼名を呼ばれ振り向く初詣
御手洗の鯉にパンやり春を待つ
十二色のクレヨン入りし福袋
晩年とおもひさだめし初明り
無言館にて仰ぎ見る初山河
正月の机にぽつんとラ・フランス
八十の正月からは髪染めぬ


  目刺焙るたまに一人で居るゆふべ
ぶらんこを降りて鬱気の外に出る
寒明やわが身のための深呼吸
水底のむすめよ父は磯焚火
草食系男子野焼の指揮をとる
神学部進級とかや遠霞
意味不明なるも相槌のどかなり
芳春や生後三月の大おなら
君子蘭いろはにほへと散りぬるを
やはらかく聾者くすぐる春の風
 
 


      爾後知らぬままの歳月流し雛
引鳥やひとりで食べる握り飯
つくしんぼ摘まずに明日また来るね
名残雪ことこと煮立つ酢豚鍋
生き残るぼんぼん時計と燕の巣
田楽をひよいとつまんで漢去ぬ
鯉の髭妖しく動き水温む
ものの芽や聾者のきみの耳飾り
聴覚も匂ひも失せて沈丁花
春雨やひとり遊びのケアハウス

 


  夜桜や仕事に倦みし子をつれて
来し方はみんなそれぞれ孕み猫
春闘は遥かむかしや喉仏 
花の宴火急の用と去りゆきぬ
走ってきたとは言ふまいぞ花筵
花明り普通の家の影妖し
城跡の城でありし日山桜
そこちよつとどいてほしいの花の奥
花の根に一会の名刺眠らする
花びらを本に挟んで離京かな
   


      身籠りし人とひととき柏餅 
新樹光ぽつくり弁天まで歩く
走り梅雨今も木椅子のイグナチオ
碁敵と焙つて食ぶる蓬餅
新樹光ぽつくり弁天まで歩く
罌粟の花わたし只今反抗期
葉桜や旅人として帰京せり
笑顔良き主治医の句帳風薫る
里山の未完の壕の青すすき
生家はや更地となりぬ走り梅雨


  命ある不思議しみじみ糸蜻蛉 6月句会トップ入選 
残されて沖縄慰霊の日を生きる
補聴器で聴くシュトラウス梅雨の夜
長老の臀部にはたく天花粉
五月雨や我が家に帰る他なくて
俗名のままと書きおく釣忍
梅雨茸に疑ひ深きまなこ向け
ままごとのおもてなしには茄子の花
二時間に一本発車駅のブヨ

夏霞ふいに齢を尋ねられ
   


      人生は未完で閉ずる蝉時雨 
句読点無き鉛筆の暑中見舞い
こころざし問はれ今夏は無言館 
マウンテンバイク背中に補虫網
村役場ヤモリの登る滑り台
遠花火きのふ寂しき日なりけり
白絣すじ書通り老ひにけり
人恋ふは老ひし種豚夏の雨
さよならは梅酒頂き握手して
パリ祭さようか私座薬買ふ


  枝豆や古い話はまだ続く  8月句会トプ入選
人違ひされて並びぬ盆踊
かりそめの姿を見せて鰯雲
是非もなく落鮎ひよいと捕わるる
流れ星よき小説の続きかしら
向日葵の枯れて一年過ぎてゆく
氏素性問はぬ付き合ひ風の盆
縁側に接待されて衣被
死に未来きつといつかは流れ星
二点句を辞世と定め南瓜煮る
 


      野紺菊いつかみまかる里の岡
もの言はぬ海に名月昇りけり
秋風の旨し愁ひのある午後は
真夜中の月はわが罪宥めけり
力尽き逝くは憧れ溢蚊よ
敬老の日に見せらるる鉄かぶと
故郷の山に名は無し初紅葉
蛇穴に入るわたくしも眠くなる
綺麗ごと言ひつつ濁酒三杯目
鬱なれば海を見たき日雁連れて


  体育の日に飛んでみる水たまり 10月句会2席入選 
先生を寡黙にしたる走り蕎麦
オウムには英語特訓秋うらら
ニトロ持つ男佇む虫時雨
よかよかと枝豆くれて叱られず
かの人と少し距離おく紅葉狩
惚けしが林檎くるくる剥いてゐる
今年酒酌み戒名のこと話す
向うでも髭を剃りなよ秋彼岸
身の内のこの謎は何ハロウィーン
   


      石頭にもぽよぽよと木の葉髪
熱燗や四角四面の唄い出す
山茶花や独りになりにバスに乗る
粕汁に温められし命かな
ブルーシート屋根に被せて文化の日
ざざ虫や猫の利き手の離れ技
晴れすぎて少し恥じらふ帰り花
決心のやや緩みをる切炬燵
結論はつひにお預け日向ぼこ
貧乏性ひとまず脇へ鮟鱇鍋


  女医さんも家では纏ふちやんちやんこ
退院し日のあるうちの柚子湯かな
年用意酒の銘柄変えてみる
冬の蠅いのち惜しめと逃しやる
陽の温みそれで幸せ冬木の芽
この今が過去に飛び去る年の夜
冬至湯や老爺五人の艶話
年用意戸建て持たずに老ひにけり
人間が好きで嫌ひで切炬燵
壊れものなれば頭に冬帽子