他郷にてこれから生きる冬支度
入金を確かめさてと新走
もしといふ想ひ広がる鰯雲
露寒と仏に言ひて寝てしまふ
それぞれに雑木紅葉の朽ちゆけり
粥食を三膳こなす獺祭忌
落花生噛みつつ話聞き流す
隠居所の運動会の海羸回し
捨案山子犬は放尿して去ぬる
珈琲に火の味足して秋深し
   
この村と折り合ふ余生新樹光 句会1席
囮鮎そらは晴れたり曇ったり   
隣して老僧と見る二重虹     
蒙古斑よこ抱きにして天花粉   
雪解富士噴けるな眠れ唯やすめ  
薫風に煙の友は乗りて逝く
貫禄と胆力みゆる薪能
夏の夜の白骨温泉にて抱かれ

2011年作品集
五月雨や老爺二人の指相撲
祭笛金のなる木の鉢を買ふ
はつたいに柔道五段泣かさるる
この泉閑古鳥には告げやらむ
五欲みな翳をもてり老の夏
洗浚ひ白状せしか羽抜鳥
またしてもぶらぶら病桜桃忌
約束にわりなき雨や薪能
夏の霧ゆつくり食べるクロワッサン
裏木戸も開けて一人の夏座敷

句集 かげろふへ

      熊穴で熊と読みたや山頭火
家々のあつた辺りの帰り花
今生の力で跳ねる落鱸
留守宅の上り框に葱一把
東京の狸ときどき立ち上がる
煌々と書斎明るき憂国忌
走り根の上に根を張る帰り花
米と味噌足りてひとりの日向ぼこ
被災地の瓦礫のかなた酉の市
やあと言ふ笑顔戻らぬ山眠る

文字の大きさを【中・小】でご覧下さい

産み月の牛に新藁飾り米
大切な肋骨撫でて初湯かな
未だ怒る力鎮めて初硯
古希なれど四十肩なる雪下し
年の酒笑顔の遺影前にして
合併の前は豊郷(とよさと)寒雀
書初めに心意気なる旧漢字
白足袋に変へて漢の年の饗
七種菜もらひて独居の道辿る
浅草の恋しきひより春小袖
麗日や古書に名を知る蔵書印
友は逝く田螺の声に送られて
裏道のコップの欠片冴返る
恋猫にやあと声かけ見送りぬ
原発の技手の机の雪柳
自転車の荷台に積もる忘れ雪
海猫(ごめ)渡る空に縁者の居るごとく
病名は訊かず畦焼く友ならば
悪相のごんずゐ時間かけて煮る
雑貨屋にゴキブリホイホイ春一番

   湯豆腐と赤子を褒めて帰りけり
湯たんぽがよいと電話の姉が来る
霜枯れといふ生涯の閉ざしよう
矜恃もて風に吹かるる寒薄
冬景色何処へも行かず立つ楓
わたしもふ頑張らないわ冬霞
マフラーくるり心配したつてしようがない
クリスマスキャロル入歯をしかと嵌め
冬の虹しばらく眺め諦める
おでん酒ふと気にかかる伸びし爪
   
羅やわたし段々派手になる      
茄子漬が肴地酒の三回忌       
へぼ茄子の茄子紺愛でてやりにけり   
俎板の上も三度目浮いてこい     
生きている事が仕事の端居かな    
一日をほめて向日葵つぼに挿す
風薫る磯に足跡残しけり
遠花火たれか私の傍に居て
せみしぐれ私ほんまのすっかんぴん
久々にライカ手に取る袴能
蟻穴を出でて赤門くぐりゆく
花種を貰ひしよりの懇意なる
鶏冠の兆しひよこの春深く
初雷や卵をかけて飯を食う
暖かき我が家育てむ苗木市
万愚節奇妙に光る貝ボタン
皮膚一枚かぶせ雪崩るる心隠す
われ死なば喇叭水仙音出さむ
石鹸玉はじける美学ありにけり
大股に水蹴り上げて帰雁かな
花ぐもり木椅子に憩ふ初期の癌
告ぐること有るやに揺るる残花かな
第二子は女子の誕生さくら餅
ひとの世に倦みし転生なるや海胆
風景の中より剪られ花杏
美少年老けて雲丹喰う話など
偏屈の老ひよ夜中の桜狩り
生まれ出づる哀しみあらむ桜貝
今日もまた戸籍に斜線おぼろ月
花茣蓙の巻かれて揺るる淡き恋