2010年作品集
句集 かげろふへ


文字の大きさを【中・小】でご覧下さい




松過ぎていつも通りの朝ご飯   
少年の九九は九の段初便     
生きる術ときに沈黙冬菫     
初神籤つれは無言の遠目がち  
雪達磨ひとは何処かへみな帰る  
寒鴉こころはなれてなほ去れぬ
小正月をとこ友達退屈で
まだ揺れてみたき心地の雪見酒
故郷の地べたに杖を立て春着
輪を翔る二十日鼠のお元日

ひとつ超えいよいよ朧なる余生
標準児それがよきかな蕗の薹
朧夜や語りつくせぬ喉仏
歯の疼き少しあれども福は内
梅見茶屋おもろい僧も誘い出し
走ってきたことは黙して針供養
ひと恋ふと悟られまいぞ半仙戯
春愁や遅れ気味なる腕時計
競い合ふ力満ちけり揚ひばり
小津・成瀬すきよ嫌いよ梅見茶屋

捨てられし畑に育つ芋の花      
朽ちゆけるクレソン微香放ちつつ  
何処其処の犬も並びて流し雛    
枸杞摘みにうら門くぐるゴルフ場   
囀に庭師しばらく手を休め      
夢の世の辞書の重たさ西行忌
花粉症すぐばれさうな嘘ひとつ
軽そうな男が店主農具市
芳春や汀の小石遠く投げ
妄想のたねもあるらむ種選


新茶汲むひとりで出来ることを終へ
夏風邪に鶴折つてまた鶴折つて
銭湯に伸さんがゐて雪解冨士
秘密基地めき隠居所の夏霞
夏風邪に身の振り方を問ふてみる
真直ぐに歩けず沖縄慰霊の日
端居して異端児なるをふと漏す
生きてゆくための微笑み敦盛草
母ちやんとインコに教へ生麦酒
釣忍すわり直して愚痴をいふ


入れやらむ柩小窓へ初蛍      
卜伝の墓は青田を従へて      
母棲みし証や韮の花の群      
乳母車ほほづき市に立ち止まる   
吾子在らば白絣着せ下駄履かせ 
遠花火タイプライター唯其処に
署名せし手術同意書せみ時雨
五十年前の恋文よむパリ祭
出奔を告げたる夜の旱星
常臥のひとに着せばや白絣

母に名を呼ばれて仰ぐ盆の月
八月十五日めざめれば老人
抑留の事ぽつねんと盆の月
庭木刈る捨てかねるもの皆捨てて
盆市を歩く養老院を出て
ひぐらしや明日は何する何を食う
日記など書きたくなる日迢空忌
鉛筆を唯くるくると秋思かな
かなかなやてくてくてくと老爺来る
きままな手みな老人の盆踊

はらからの薄き縁や鴨渡る
もひとりの独りをさそふ美術展
家出してみたき願望敬老の日
差入れの湯気のもろこし柔道部
暮れてより親しき里や虫時雨
曼殊沙華かくれ煙草はもうやらぬ
わが首を噛むは不運ぞ溢蚊よ
手刀を切つて座に着く月見酒
句会果て郷なき人と月見かな
結論の二転三転ながれ星


りんご剥きついでのやうに癌だと言ふ
特老の手話のわかれや夜半の秋
古井戸に銀杏ぽとと落ちる音
もの織を寡黙にしたる走り蕎麦     
紅葉鮒自ずからなる旅衣
爺さまの鸚鵡は英語秋うらら
秋空へ遠出してゐる飛行機雲
ともかくも爪切っている文化の日
行く秋や松本楼のカレーライス
この里も宇宙の真中カシオペア
 


バンダナの孫に従ふ一の酉
毛糸編む心にえくぼ有る夜は
鶴渡る辿りつかざる老もある
隣り合ふ枯葉わかれて流れけり
淡交やベランダに来る寒雀
ともかくも爪切っている文化の日
七人の敵は二人におでん鍋
三つ指をつかで老ひけり日向ぼこ
新入りの干支尋ねて日向ぼこ
人形の眉少し垂れ憂国忌


咳のひと乗せて高速夜行バス      
媚薬てふ野草の話ちやんちやんこ    
表札に残る名もあり掃納        
クリスマスキャロルわたしは胸を病む  
国道を車椅子ゆく十二月        
永き日と思ひ短き恋想ふ
あやふきに遊びし後の柚子湯かな
寒月の下満載のショベルカー
親不孝の貌に紅ひく年忘
旧悪をふと赤い羽根胸に挿し