09年作品集     句集 かげろふへ


文字の大きさを【中・小】でご覧下さい









馬の名の彫られし石の初若菜
飄と来てマグロの船に乗るといふ
子の乳房まろく育ちて千代の春
わが身にも翼の欲しや初山河   
去るものは去り俎の葱二本   メロウ句会2席
帰らねば帰らねばとて祝箸
たつしやでな伝言板の大旦(おおあした)
爺さまの輪ゴム飛ばしの日永かな
菜飯茶屋つれは関西弁で呑む
寒晴れや生年月日干しておく
あめつちの郷に帰りて冬の虹
押しつまり姿それぞれ山眠る
花子ではをられざりしか雪女
畳替ここで捨て去る深情け
老松の瘤にまどろむ牡丹雪
へぼ医者が齢のせいだと春の風邪
疲れたるこの惑星に蕗の薹
どうせなら上野へ飛べよ紙風船


老松の瘤にまどろむ牡丹雪
菜飯茶屋つれは関西弁で呑む
疲れたるこの惑星に蕗の薹
へぼ医者が齢のせゐだと春の風邪
野火の舌追ひ立ててゐる胴間声
花疲れ手ぶらのをとこ付いてくる
父祖ほろび八十八夜遠目癖
ひと踊りだつた今生花おぼろ
葱坊主あつけらかんと日の暮るる

蜃気楼なんと淋しい午後だらう
水飲んでから話し出す啄木忌
花疲れ手ぶらのをとこ付いてくる
父祖ほろび八十八夜遠目癖
所作ひとつ整へてより花衣
葱坊主あつけらかんと日の暮るる
また元のわたしに戻る花の果
花朧ふるき音叉は椅子の上
花衣やや子の舌の艶かし

問ふたれば木地氏師と答ふ清和かな
難聴の福耳ふたつ桐の花
食べて寝て色即是空石清水
卯波うつわが終焉の鹿島灘
遙かなる昨日といふ日髪洗ふ
旧宅に知らぬ家族の金魚玉
二重虹さびしき街にリボンかけ
胃袋の中の秋刀魚と共に寝る
三叉路のこちらを選び夕立(ゆだち)かな


5月中旬、交通事故のため3ヶ月入院しました。

8月に退院しましたが、9月まで俳句を詠むこと
が出来ませんでした。



秋風にからだ預けて方丈記
十三夜恋ふてはならぬ太き眉
海征かば唄ふベッドの秋の蠅
宵の秋大工ヨセフと語りたい
雑草と呼ばるる草の紅葉して
紅葉酒聴いているのと念を押す
待たれつつ残り呑みほす今年酒
向うでも髭を剃りなよ秋彼岸
秋彼岸この坂道の名を知らぬ

木の葉髪さうかあいつはシャイだつた
文化の日父の残せしモンブラン
朽野にジーゼル二輛溶けてゆき
穹の鬱しぐるる朝の濃いコーヒー
しらぬ子に挨拶されし憂国忌
十一月何かに励みたき日和
冬薔薇なんと淋しい午後だろう
校庭は砂丘につづく冬の月
ただ鴨をながめて暮す浦の里


熱燗やまだ手つかずの夜がある   
十二月落第横丁よぎる猫      
繰り返す迷子放送暮早し      
子無きまま一世過ぎゆく冬至粥   
周五郎周平積みて年惜む 
偏屈は偏屈のそば日向ぼこ
絶壁のあからさまなる木の葉髪
綿帽子いろは匂へど散りぬるを
お向かいを庭下駄で訪ふ寒夜かな