句集 かげろふへ
文字の大きさを「中or小」でご覧下さい
三歳と勝負してをる寒鴉
命日へ庭の水仙みな活ける
元日の旗にほどよき風のあり
師とまなこ合ふて眩しき御慶かな
一人居のしみじみ赤き寒椿   メロウ句会2席
謡初め若きは眩しのどぼとけ
初場所でした続いて天気予報
歯並びのよき娘に美味し冬林檎
年の暮ゴリラに旅愁ありぬべし
離郷よりあとの永生き除夜の鐘
一心に生きたつもりの掃納め
寒月や残る楽譜と売るピアノ
何も見てをらぬまなざし孕鹿
牡丹雪たれとわからぬ人の肩
孫と来て孫は離るる梅見茶屋 
桐下駄の似合ふをとこに寒明ぬ
網棚の春大根の美味さうな
身の果ては知らず囀窓に聴く
半仙戯酔ひの醒めたる体乗せ
いつまでも師は謎であり牡丹雪
おぼろ月女ひらりとバスを降り
牡丹雪つれて酒亭の客となる
絹づれのやうに囁く夜の桜
わだなかの村暮れゆけり海蛍
粧ひて花に別れを告げにけり
その返事すぐに答へず春日傘
ナナハンで来たか茶摘の次男坊      
永遠といふは恐ろし春の果
行く春やけふは何する用もなし
この夏を生きむ寝間着を陽に干さむ
幟立つ三代初のをのこ稚児
天啓の一句どこぞにほととぎす
仏滅と知りて新茶を濃く淹れぬ
ががんぼや夥しくも句集あり
いぼ鯛にも万世一系ありぬべし
怖れつつ蜥蜴のしつぽ引いてみる
波乗りの若きは哮り夏に入る
すずらんの鉢置く窓や歌舞伎町
起きだして服着て眠し薄暑かな
次の世は水母ときめて渡る橋
綺麗だつたおととひまでのソーダ水
惹るるに理由はいらぬ青簾
師の句集窓辺にありて清和かな
梅雨晴やうしろ歩きのランドセル
衰へし女優となりぬ花菖蒲
天花粉ふいに昭和がやつてくる
桜桃忌昔のひととすれ違ふ
病み克ちて生きむ沖縄慰霊の日
向日葵の向かうでをとこ叱らるる
泳ぎたしとや申さるる百二歳
離れ住むことにも慣れて水を打つ
晩節のことば選びぬ釣忍
沖南風や人間魚雷てふ最後
東京の人間火山あぶら照
蚊の姥の一打でおわる命かな
夏の果ななめに眠るオートバイ
夕焼けやハグして去ぬる生身魂
向日葵の向かうでをとこ叱らるる
ご法事の客にひとまず麦茶かな
一枚の舌では足りぬ走り蕎麦
落鮎の夢にまだ有る大河かな
むかご飯渋谷スペイン坂の店
またひとつ何処にも行けぬ木の実落つ
病む人と逢はむどんぐり握り締め
百花園とりわけ萩の風情かな
吾亦紅いのち預けにケアハウス
夢に来しひとの寡黙や蛇笏の忌
胸中の父に一献今年酒
村人の五欲も豊か秋盛る
そもそもは葛掘る手はず太極拳
眠ることけふは寂しくよなべかな
眠りたるままに売らるる父祖の山
その先は村の果なる吊し柿   10月句会第1席
あらかたの本売り払い大根干す
山眠るひとがひとりになる真昼
生涯のあらかたは終へ大くさめ 11月句会第1席  
ぐわんばらない別れの朝の都鳥
義足にも靴下はかせ酉の市
わからぬ絵褒めて残暑の遺作展  9月句会第1席
名月や碁盤の黒はまだ粘る
流灯に乗せて笹舟送りけり
隠れ住む望みふつふつ鰯雲
間引菜のまだ初々し笊の中
溢蚊や年季の明けぬ嫉妬心
ばつたんこへとへとになるまでしやべる