句集 かげろふへ
文字の大きさを「中or小」でご覧下さい
07年作品集
雪達磨聞いておきたいことのある
焚火跡まだ濡れてゐる去年今年
孫も来て二階は重しお元日
わが街を我が歩幅にて大旦   饗焔主宰特選
七種や飛車囲まれてゐて主留守
コンビニの豆腐ほどよき女正月
鎖骨にももの語らせて春隣
紙風船この先どないしなはるゑ
神様をみたよ斑雪の残る夜
命日へ薺(なずな)のはなも添えて挿す
数日後蜂はしらない振りをする
産道にたんぽぽ咲きてをりにけり
俎板のへこみ地図にはソビエット
朧夜やたましいとやら旅にでて
ひとり居の庭を忘れぬ八重椿
すみれ咲く故郷もあらむホームレス
鞍馬天狗だつたが今は奴凧
薄氷や父のゲートル長すぎる
春風やわたしただ今発芽中
朧月零時の庭の太極拳
春時雨をんなの煮豆やはらかく
裏切つておやりなさいな花の種 銀化主宰特選
すくすくと老ゐて麦踏む休肝日
古希いまだファイトの湧く農具市
このバスでいいのだろうか亀鳴けり
長病みの枕辺におく桜貝
先生に声かけそびれ花の雨
水臭い幾らゐるのだ孕鳥
好きなひと通せんぼして春休
踏み切りの横の横丁苗木市
遍路やど問わず語りの流離譚
麗らかや佐渡は遠流の国なれど
流し雛ほどよき風のありにけり
木蓮の下にまどろむ車椅子
片頬のあたり春光伎芸天
うつすらと鮎に塩ふる誕生日
漢文の素読も少し端居かな
何事もなくて父の日ちらし寿司
親展に鋏ためらふ桜桃忌
鼻唄に切り替えてみよ行々子
太陽は孤独ほたるに恋をして
まさかなる人の怯ゑて蟇
かな文字のゑのややこしさ青時雨
イヤリング何故か重たい蛍の夜
夏風邪や二合徳利をはべらせて
法螺吹きが家系なるべし青蜥蜴
見てならぬものの見たさよ桜桃忌
ひとつぶも一期一会のさくらんぼ
ひとまづは眠っておこう時鳥
ゴリラ見てあとは上野の心太  銀化の森掲載
丹田を緩めてみせよはたた神
人見知りすなる金魚に名をつけて
うつ伏せのわたしを跨ぐ時鳥
夏富士や百年のちは誰も居ず
跳橋のいつ跳ねたやら青時雨
人柱火柱地球暑すぎる 
相槌のやうに隣へ扇子風 メロウ句会1席
下山してきたる男ら虹を負ひ
香典と書かねばならぬ蝉時雨
陣痛の牛に総出の熱帯夜
百歳を目指す媼の天花粉
雲の峰サグラダファミリア未完成
義理のある返書したため土用凪
福耳の家系のつどふ盂蘭盆会  メロウ句会1席
送火の後で去年の遺言焚く
生身魂おちよこになりし傘下げて
文芸の毒の真中へ秋の蝶
清談の真中にバッタ立ち止まる
衰へて盆波うみへ還りけり
昼の月猫背で歩むギャンブラー
狐火や調律せずに弾くピアノ
間引菜を汁の実にしてよき浮世
誰といふことなく会釈秋遍路  
溢蚊をつれて曳かるる肉の牛
影さきに歩ませてゆく秋思かな メロウ句会1席
げんこつの中のちちろを頂きぬ
五六年たてばわたしは曼殊沙華
ピカソてふ犬と暮らして秋うらら  メロウ句会2席
帰るべき墓の草とる素秋かな
まばたきの癖は変わらぬ村芝居
乳足りてつつがなき日や稲雀
十三夜小声でうたふ女ゐて
明日のこと明後日のこと鶴渡る
火種ともなるやも知れぬ十三夜