文字の大きさを【中or小】でご覧くださいませ。
06年 作品集
句集 かげろふへ
祝箸をんな埴輪のまなこして
一人ゆくタイムトンネル初茜
臘梅の話などしてをとこ去ぬ
用のない街にしばらく春隣
一舟に託すなりはひ細雪
閂のことりと一人除夜の鐘
倒産を知らぬ看板初茜
のら猫に慕われひとり松納
湯の町の同じどてらの小正月
母系なる皺あまたあり根深汁
ゆく当てのない日マフラー長すぎる
晩年とおもひさだめし初明り
居ないやうにゐる姑と紋白蝶
春帽子遠いところへ行きたがる
天動説ならよくわかる春隣
相談の果てに子は去ぬ朧月
子に添い寝したはまぼろし牡丹雪
万病のその二つほど牡丹雪
うっかりと仮面はずして伊勢参
味噌醤油米びつ七分山笑う
砂時計狂ってみたき朧月
なんとかなる友よ菜飯を食べに来い
左遷地の民話ゆらゆら半仙戯
相棒のガンの話とわらび餅
わたくしのあばらになれよ春鰯
飛花落花見知らぬ世をば生きてをり
山桜ここは浮世の奥座敷
行く春やドミノの先にちよつと触れ
春日傘をとこ殺めに行くところ
一緒には死ねない人と桜の夜
花筵役に立たざる犬を抱く
妻妖し含み笑ひの春ショール
住職も叱られてゐる花筵
犬を叱りをとこを叱り菜種梅雨
ため息のときどき雑じる葱坊主
短くて愉快な話五月かな
こころにも日にち薬の新樹光
アルバムに残る生家の桐の花
なす植うる古希の神父の肥満体
水中花仔細は食後ゆるゆると
内臓もたまには笑ふ三社祭
唇に縦の皺あり朔太郎忌
腰痛のすがた残せり空蝉よ
落下傘ひらかぬ時の若葉光
短夜や娘とをとこの話など
永劫とやらに誘ふか土用波
暑さなど知らぬ少女のアキレス腱
蛍火で燃ゑてしまひぬ日記帳
是非もなく蝦蟇に生まれて蝦蟇に生き
胆据へてトマトは赤く熟れにけり
エスプレッソ推理小説竹婦人
髪洗ひ何ごともなき誕生日
短夜や神の手相のことをふと
懇ろなつくり話や曼殊沙華
N響の席は中ほど夜半の秋
今はもう人類愛と南瓜煮る
秋雨や検尿カップ少し揺れ
未だひとを憎まぬ睫毛豊の秋
欲望のふと立ち止まる星月夜
きちきちやあの飲み方は拗ねてゐる
ときめきを笑い話に月見酒
秋霖やしきりに傘の会ひたがる
枝豆もひと盛り添えし一周忌
前世など知らぬ存ぜぬ鉦叩
今はもう人類愛と南瓜煮る
やわらかき未来もあらむ月今宵
いい土に還らふ南瓜たんと食べ
魚屋のおかみ悋気の秋団扇
地球儀にソ連邦あり末枯野
踏み切りの傍のパン屋の鬼やんま
五十戸の村越へゆけり雁の列
羅生門くぐりて仰ぐ十三夜
村からは出る気などない今年酒
ひたすらに聞きて別れし十三夜
口よりも目は寂しくて紅葉酒
きちきちに作法といふを諭しけり
十三夜貧しき父はただ歩く
未だひとを憎まぬ睫毛豊の秋
素性よき木のテーブルに青瓢
その耳は聞こえぬ耳ぞ法師蝉
光りだす線路明日は休暇明け
山茶花を踏み弔問の客となる
市谷も寝静まりたる憂国忌
小松菜の一把置かれし懺悔台
なにがしと名乗り合ひたる菊人形
もう会はぬつもりで酌みぬ新走
老人の五慾はだいじ寒卵
通信簿いでて賑やか煤払
居ないやうに居て飛び立ちぬ寒鴉
長生きの途中寝酒を友として 
この村のひとは早寝ぞ雪女郎
極道も冬あけぼのの写経かな
鷹匠もときにはうたふ子守唄
口笛を吹いてごらんよ大木葉木菟
さよならの義手暖かく年忘
虎落笛わたしを思い出してくれ
いちにちをゆつくり過ごす年の暮
のら二匹並んでくれる日向ぼこ