04年 作品集
04年 雪女この先どないしなはるえ
湯豆腐やさうか明日は会えるのか
落葉踏む会話の果つるところまで
畳まねばならぬ屋敷の初日の出
辞儀の後また振り返るちやんちやんこ
しつかりと死んでみせうぞ寒鴉
年賀客なき門灯を燈しおく
最高点 願い事ひとつに定め初詣
次点 気をつけて死にませうなと日向ぼこ
寒月を仰ぎ詩吟の長湯かな
鬼やらひ子は遠くして帰らざる
わが魂をこがらし一夜連れてゆけ
風花の不思議の中に立つ少女
何時かくる死は湯たんぽの傍がいい
逝きし人消して二月の住所録
アルバムを伏せ陽炎の只中へ
春雷にわが慟哭を糾へり
さくらさくら裏切っておやりなさい
夜遊びの過ぎたる時計雛の宿
善人のままの一日や万愚節
羅やはんなり老いし乳房あり
うららかに惚けむ凡句詠みながら
頒つひと亡きは哀しき桜餅
無念やな魚篭のごんずい若盛り
地獄耳それを頼りと蛇出づる
老いざまを呵々大笑す竹夫人
村は市に束ねられたる春田かな
悲しい日牛蒡の花の透けている
痒いとこ掻けずに卯の花腐しかな
友の名を旧姓で呼ぶ青野かな
そこばくの年金おろし新茶汲む
孑孑やきみの喜悦を分けてくれ
車椅子今日はらつきよう漬けにゆく
打ち水や終の事など決めかねて
悲しい日も朝顔の苗伸びてをり
次の世に誘われさうな宇波かな
九郎さん ご提供
九郎さん ご提供
善人のままの一日や万愚節
春日傘かなしみを知り初めし頃
地獄耳それを頼りに蛇出づる
村は市に束ねられたる春田かな
僧になる夢まだ続く青時雨
遠雷や友の痛みの傍に立つ
内臓の嘆きを聞きし桜桃忌
今日の傷舐めたら治る浮いてこい
初蛍に迎えられけり通夜の旅
水つぽい嘘ついてをり桜桃忌
九郎さん ご提供
孑孑やきみの喜悦を分けてくれ
悲しき日牛蒡の花の透けてゐる
老いざまを呵々大笑す竹夫人
羅やはんなり老いし乳房あり
打水や終のことなど決めかねて
九郎さん ご提供
句集 かげろふへ 
水中花ゆらゆら揺るる夫の嘘
最後の嘘かもしれないね蛍の夜
サマードレス昔の海で泳がせる
鍵穴のむこう見知らぬ夏の果
願い事小さくなつて盆供養
最高点 大いなる乳房と赤子豊の秋
白靴の堪忍袋破れけり
案内図に虹画き入れて投函す
不妊症告げにし日あり遠花火
待ち時間もう無いのです水中花
鏡にも百物語させてゐし
この迷ひ万緑の野へ解き放つ
二日酔ひダリアなんかは捨てちまを
娶らざる訳は黙しぬ蝉時雨
内臓の嘆き聞きゐる竹夫人
鍵穴のむかう見知らぬ夏の果
かばん一期一会の夏逝きぬ
夏ぼうし子は旅人の眼して
捨て南瓜身の上話重たさう
一濤のあとは正しき玉兎かな
蔦かづら迷路は黄泉へつづくらし
何処をどう戻ればよいか秋の蝶
稲妻に白髪疎らに立ち上がる
画布の中へ釣瓶落しも塗り込める
分家のみ残りし里の蕎麦の花
式服のままバスの客菊日和
薬草の名を教へられ温め酒
秋澄むや長子長身にて二十歳
ひたすらに聞きて別れぬ夜半の秋
入水して終りとやせむ天の川
瓢箪に宿命なるを諭しけり
夕霧や引込み線へ帰る貨車
行く秋やいつもの角を曲がりゐて
達磨忌やただ鉄棒にぶら下がる
文字の大きさを【中or小】でごらんくださいませ。
初鰤や少しかための飯を炊く
狐火やめがねの玉をよく磨く
葱の泥叔父の畑の匂ひさせ
雄渾の限りの裸身冬木立