03年 作品集
03年 大菩薩峠読了寝正月
寒鴉どこで覚えし捨て台詞
うたかたの縁なれども冬牡丹
嘘八百ここが潮時地虫出ず
初蝶よかさぶた剥がしてみせましよう
銀化主宰 特選
「俳句」誌掲載
万愚説いつ老人になつたやら
端居して問はず語りの流離譚
菖蒲湯に乳房鎮めて老いきれず
樟脳に隠す秘めごと夏の帯
メロウ句会
最高点
パラソルを高く掲げて友を呼ぶ
売れ残る仔犬尾を振る夜店かな
火葬場をいで万緑に身を晒す
別れ話えんどう豆を剥きながら
歩を止めて見知らぬ人と虹を見る
衰へし遊女となりぬ花菖蒲
老ひぬれば下りてゆかむ天の川
丸洗いすれど浴衣に残る修羅
雲の峰そろそろ建てむわが墓標
充分に老ひて初穂の中にゐる
身一つの晩年なれど大根蒔く
秋すだれ子守歌など懇ろに
まばたきの癖残しつつ村芝居
欲望のふと立ち止まる秋思かな
姿見に狐火ひとつ灯りゐて
遁世の道案内せよ曼珠沙華
着膨れて好きも嫌いも悠なる
メロウ句会次点 叱り方優しくなりぬ菊日和
〃   同 次点 寄せ鍋やクロスワードはいま少し
夜長より覚めて案山子の無聊なる
耳鳴りもジャズに絡まる文化の日
棺中の胸に抱かせむ萩の花
狐火や見る人もなき万華鏡
よく騒ぐ胸かき抱く霜夜かな
己が髄くしやみと共に霧散せり
句集 かげろふへ
文字の大きさを【中or小】でご覧くださいませ。