02年 作品集
02年 春雨や師のおほどかな女傘
仔犬はや獣の臭いして売られ
母の日や母人形の髪を梳く
薫風や豊里村に女医来たる
薄衣や鏡の中の知らぬひと
恍惚の母も並んで端居かな
銀化主宰
特選
逝く旅に一日花野を宿とせむ
自然薯は地球の芯に触れたがる
凍滝に父ゆるゆると放尿す
メロウ句会
最高点
些かも酔ふてはおらぬ月二つ
狐火や調律せずに置くピアノ
もがり笛ただ寸胴のままに老ひ
哀しみに目鼻あるらし雪達磨
思いきり太らせてみる雪達磨
綿虫に託す遺言を見送りぬ
句集 かげろふへ
文字の大きさを【中or小】でごらんくださいませ。