00年 作品集
00年 いつの日か会はむ駅舎のもがり笛
華やかな帯の記憶よ酔芙蓉
定年の朝しやりしやりと芹を噛む
メロウ句会
最高点
夜桜や異国へ嫁ぐ子を連れて
葉桜や碩学一人バスに座す
野いばらに絡め取られし上着かな
呼び戻す術なき別れ半夏生
桐一葉父母密やかに諍ひき
癒えること無きを覚悟の秋日和
咳(シワブキ)の一つ越しゆく無縁坂
残照に綾なす冬の木立かな
背なの子も母も居眠る盆のバス
樟脳の匂ひ微かに禰宜の春
永き日やたつきの糧の揺らぐとき
朝日新聞俳壇
掲載
老いぬれば岸辺離れず残り鴨
暑き日や恋あるひとの影の濃き
たまさかの憤怒なだめよ岩清水
故郷の列車夏野をひた走る
メロウ句会
最高点
法螺話上手い老爺もいる夜長
木の葉髪おのれ一人を養ひて
葉桜や五年抱えし嘘ひとつ
句集 かげろふへ
文字の大きさを【中or小】でごらんくださいませ。